新着情報
水墨画への誘い
秀作社の本
水墨画の画材
教室のご案内
秀作展のご案内
墨画ギャラリー
水墨画作家録
自費出版のご案内
会社概要
お問い合わせ
トップへ戻る

 
2017.8.2
第50回記念全日本水墨画秀作展 作品募集
作品募集期間 2017年8月1日〜8月8日
応募資格 誰でも出品可能です
作品内容 水墨画・墨彩画の未発表・見表装作品
作品寸法 “樟據焚35cm×縦135cm)
     ∀⇒遏焚52cm×縦135cm)
     A柑罅焚70cm×縦135cm)
     の中から選ぶ
審査   8月23日 1次審査
     8月25日 2次審査
結果発表 9月上旬に郵送
展覧会場 東京都美術館 1階第4展示室(入場無料)
展覧会期 平成29年12月13日(水)〜12月20日(水)
申込先  全国水墨画美術協会にお申し付けください。
     要項を急送します。
     〒177-0051 東京都練馬区関町北1-2-6
     電話 03-3928-6942
     FAX 03-3928-6943

 
2017.8.2
第50回記念全日本水墨画秀作展 水墨画シンポジウム
第50回記念全日本水墨画秀作展
水墨画シンポジウム開催のお知らせ

基調講演
 美術評論家 佃堅輔氏

パネルディスカッション
 王子江 鈴木昇岳 宮田記朱 陳允陸 豊島宗天
 の各氏。ディスカッションの後、質疑応答

会場 東京都美術館講堂
日時 平成29年12月19日(火)
   13時45分〜16時15分(13時15分受付開始)
会費 一般=2,000円
   全国水墨画美術協会会員・会友=1,500円

お申し込みは全国水墨画美術協会事務局まで
〒177-0051 東京都練馬区関町北1-2-6
電話 03-3928-6942
FAX 03-3928-6943
※団体一括申し込みの場合は、代表者のみではなく全員のご住所・お名前・電話番号をお知らせください。

会長挨拶
 水墨画という絵画が今日一般に親しまれている背景は何だろうか。墨一色で万物を表現する魅力はどこにあるのだろうか。
 協会の第一線で活躍する先生方と美術評論家が「水墨画の現在と今後の方向」について白熱のディスカッションをしていただきます。
 ぜひとも皆様のご参加をお待ちしています。

佃堅輔氏
 多様化してゆく現代美術の中で、なぜ水墨画は人々の心を捉え続けているのか。このことをグローバルに眺めてみれば、いくつかの問題点が浮かび上がってくる。その一つが東洋思想における禅思想である。禅思想が発信する混迷の現代へのメッセージだといえよう。墨ひと色と、ひと筆、ひと筆に込められる作家の思いが現代に映し出されるのだ。

 
2016.8.3
秀作展「小品アート部門」募集停止のお知らせ
全日本水墨画秀作展において過去数回開催しました「小品アート展」は、募集を停止しました。
小品は毎年7月に京都で開催する「京都展」で募集します。(募集期間:4月1日〜8日)

2016.1.8
大岩道也出版記念オペラリサイタル
大岩道也氏は1972年にミラノ国立G.ヴェルディ音楽院に留学し、以後3度のイタリア留学でドメニコ・マラテスタやマリオ・デル・モナコなどに学んだ。イタリアでは「ノストロ・オーイワ」と呼ばれる実力派テノール歌手です。

とき 2016年3月26日(土)
ところ イタリア文化会館アニエッリホール
    (地下鉄九段下駅歩10分)
前売券 大人4000円、学生2000円

詳細はお電話かメールにてお問い合わせください。

 
2015.12.27
第47回全日本水墨画秀作展 入賞者発表
第47回全日本水墨画秀作展
入賞者を下記の通り発表します。

◎特別賞の部
内閣総理大臣賞 田中悳吾
総務大臣賞 関 征春
外務大臣賞 田中桑允
文部科学大臣賞 鈴木墨章
厚生労働大臣賞 林 爽望
経済産業大臣賞 武田岳雲
環境大臣賞 井出泉心
衆議院議長賞 原 安子
参議院議長賞 陳 允 陸
巴人賞 島村武仙
玉雲賞 眄仍子
豊島賞 常数常山
国際文化交流賞 信 香
国際文化交流賞 セリヴァノヴァ秀青
現代水墨画賞 神田恭子
現代水墨画賞 芝 龍郎
現代水墨画賞 西野和子
芸術文化賞 高垣抱月
芸術文化賞 矢形嵐酔
無鑑査推薦 北澤葉代
無鑑査推薦 田中彦悳
無鑑査推薦 本田一誠
◎一般の部
大賞 林 葵章
準大賞 アンナ ソコロワ
準大賞 本田一誠
準大賞 八木良訓
テレビ朝日賞 松下悦子
北海道新聞社賞 渡邊和子
秋田魁新報社賞 芦原園子
河北新報社賞 馬場崇雲
茨城新聞社賞 渡辺亜紀
東京新聞賞 吉田智甫
埼玉新聞社賞 荻須富士子
神奈川新聞社賞 中村睦美
信濃毎日新聞社賞 島津さとり
静岡新聞社賞 舩橋豊舟
伊勢新聞社賞 齊勝 彩
京都新聞賞 杉原淳平
神戸新聞社賞 安達喜一
中国新聞社賞 向後桃華
山陰中央新報社賞 青木瞭一
山陽新聞社賞 富谷 綾
西日本新聞社賞 東 聖華
美術新聞社賞 宗安 和
南画院賞 小柴悠遊
秀作社出版賞 北澤葉代
秀作社出版賞 高野雅峰
秀作社出版賞 前田雲竹
岩崎書店賞 ぺねろっぷ
金の星社賞 佐藤秀和
高橋書店賞 中井浩子
東京書籍賞 嶋冨喜子
法蔵館賞 川合郁子
八木書店賞 村川ひろ子
墨運堂賞 東 悳舟
ケーコム賞 竹内英治
京橋エイジェンシー賞 芳仲美楓
水墨画年鑑社賞 川合郁子
水墨画年鑑社賞 筒井照子
水墨画年鑑社賞 林 海門
水墨画年鑑社賞 松木忠葉
水墨画年鑑社賞 横山勝葉
秀作アカデミー賞 奥田夏江
秀作アカデミー賞 田中龍夫
秀作アカデミー賞 レヴァショーワ芍麗
ギャラリー秀作賞 神澤遊月
ギャラリー秀作賞 小玉竹恵
ギャラリー秀作賞 村上柯琳
新人賞 井上幸峯
特選 杉本十五子
特選 田中彦悳
特選 日吉玉静
優秀賞 岩下 健
優秀賞 河西 明
優秀賞 鈴木穎鼓
優秀賞 山科雅峰
奨励賞 上田喜雲
奨励賞 内田梅石
奨励賞 大野芳春
奨励賞 村沢 紘
秀作賞 久保田瑞章
秀作賞 高橋耀峰
秀作賞 松原奈緒美
秀作賞 宮久夫
佳作 石川呉漣
佳作 ウソルツェヴ霧青
佳作 川北渓柳
佳作 川崎紫苑
佳作 岸本武之
佳作 寺本富壽
佳作 中野未彩
佳作 橋津雄一
佳作 平松令子

この展覧会は額装20号に限定して純粋に画技を競う全国公募展です。
会期:2016年3月2日(水)〜3月13日(日)
   (3月8日(火)休館)
   10時〜18時
場所:国立新美術館
   東京都港区六本木7-22-2
交通:東京メトロ乃木坂駅直結
   地下鉄六本木駅徒歩5分
※入場無料

新たに、入門者のために応募しやすい「小品アート展」を併催します。

 
2015.12.8
第47回全日本水墨画秀作展
額装20号に限定して純粋に画技を競う全国公募展です。
会期:2016年3月2日(水)〜3月13日(日)
   (3月8日(火)休館)
   10時〜18時
場所:国立新美術館
   東京都港区六本木7-22-2
交通:東京メトロ乃木坂駅直結
   地下鉄六本木駅徒歩5分
※入場無料

新たに、入門者のために応募しやすい「小品アート展」を併催します。

2015.8.7
新刊「ああオペラ!」ご案内
百億単位の金で欧米の歌劇団を招いている日本オペラ界の現状。この莫大な資金を自国オペラに役立てられないか。3度のイタリア留学で知ったイタリアと日本のオペラ界の真実を語る。マリア・カラスの歌唱力の分析も世界初。

 
2015.7.30
第46回全日本水墨画秀作展 作品受付開始
応募資格:不問
作品内容:水墨画・彩色画
作品寸法:半切・連落・全紙から選ぶ
受付期間:8月1日〜8月10日
詳細は協会事務局までお問い合わせください。
電話:03-3928-6942

 
2015.6.15
王子江「夜京都」展中止のお知らせ
2015年7月9日〜12日に京都文化博物館で開催の「第7回京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展」会場で併催予定でした「王子江『夜京都』展」は、都合により中止となりました。

 
2015.4.3
第7回京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展 開催
掛軸の小品で画技を競う全国公募展です。
同時開催:王子江「夜京都」33m障壁画
     田中悳吾「美人画」小品展

期間:2015年7月9日(木)〜12日(日) 10時〜18時(最終日16時まで)
場所:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
入場無料

  次のページへ>>